大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
船台の車輪 変えてみた
本日は、チョイと、船台の車輪を交換してみました。
(船台→船を載せる台の事よ)


この車輪を交換しました。

DSC09962.jpg


なんてサビサビなんでしょう。


見てこれ。
ベアリングの部分なんて、ボロボロすぎて
玉ころ、飛び出してきてます。
まったくベアリングの意味をなしていませんね。


DSC09964.jpg









取り付けてるネジの部分ですが・・・
超サビサビで、ほどく事が出来ません。


DSC09963.jpg


なので・・・・


DSC09965.jpg


ぶち切っちゃいました。。。


ネジの残骸・・・・・


DSC09966.jpg








こいつが新しく付ける車輪なんですが・・・・


DSC09958.jpg


基本的に、汎用車輪です。(工業用です。)(マリーナ用も売ってますが高すぎ~)
なので、海で使うことを考慮して作られておりません。

しかも、ここのマリーナさん、、船台が海中にズボズボ~って入っていくんです。

船台は陸上に置いて、クレーンで船だけ吊って海面に下ろしてくれたら
車輪は傷まないのですけどね~。そんな事言っても仕方ないです。

海水対応の車輪も売ってるんですけど、、、メッチャ高い。
今回は、船台自体が、メッキ加工されていない、老い先短い船台なので
高級な車輪をつけても仕方が無い・・・・って判断で、こうなりました。

しかし、チョットでも耐久性を伸ばすために
チョイとグリスアップでもしておきますか・・・。


やっぱ壊れるところは、ベアリング。
こいつが錆びと塩分でやられる。
ベアリング内部に海水が入って、ベアリングがやられちゃうんですね。
どうやってやられるかって??
話がメッチャ長くなるので、、割愛。。

で、、、新品車輪を分解しちゃいました。
ここに海水が入っちゃうんですよね。。。

DSC09960.jpg



ここに海水があんまり入らないように
グリスで充満しておきました。


DSC09961.jpg


ま、もっと色々方法はありますが
最低のコストで出来るだけ延命処置出来る方法としては
これが最適ではないでしょうか。




で、、、最後は普通に組み付けて
出来上がり~。。

DSC09967.jpg


組み付けボルトも、亜鉛メッキボルトに交換してやりましたが
周りが亜鉛メッキ仕上げしてないので、あんまり効果は望めません。

ステンレスボルトにしろって??

こんな場合は駄目なんですね。。。ステンレスボルト。。
理由は、めんどくさいので書きません。





今日もメッチャ天気良かったね。
このくそ暑い中、野外作業・・・死んでまうデ~。。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ