FC2ブログ
大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
サメを喰らう
先日釣ったサメ



多分ホシザメと思いますが(違ってたらご指摘下さい)

RIMG4593.jpg


大阪府の南部では普通に食べるんですね。
普通にスーパーで売ってます。

湯引きで、からし酢味噌や梅肉で食べます。
まぁ、鱧の落としに近い味ですかね。

当然、僕も普通に売ってるのを買って食べてましたが、
自分で釣ったサメを料理して食ったことは無い。

ほんで、先日ちょうどいい感じのサイズのサメちゃんが釣れたので
いっちょ料理してみようかと。。。



噂では、内臓と血が強烈に臭いとかで
(実際は特別に臭くはなかった)
釣ったその日のうちに、頭と内臓を取り除き、血をきれいに洗った後冷蔵庫で保管。


次の日

RIMG4609.jpg


思ったより、結構きれいな身ですな


RIMG4610.jpg






まず初めに、表面のザラザラ(サメ肌?)を取り除かなくちゃアカンので

軽く鍋でボイルしてからたわしで表面をゴシゴシ

ボイルする為に鍋にぶち込まなあかんので、ヒレを落としてから半分にカット


RIMG4612.jpg


取り除いたヒレでふかひれを作ります(嘘ですけどね)







臭みを抜くために、海水程度の塩水で軽くボイル

RIMG4616.jpg

ボコボコに沸いたお湯の中で10秒ほど泳がせます。
それ以上長く湯がくと、表面のザラザラだけでなく、皮もズル剥けに剥けちゃうのでお気を付けください。





湯がきすぎで皮がむけちゃった図
RIMG4618.jpg






表面のザラザラを金たわしでゴシゴシしていきましょう~。。

RIMG4617.jpg











手前が成功の図。
表面のザラザラだけが取れて、薄皮がしっかり残ってる。
奥側が失敗の図。
湯がきすぎで薄皮まで剥がれちゃってボロボロ。。

RIMG4620.jpg







とりあえず、前半部分の身は ごついので3枚卸にしました。(手前の2個)
後半部分の身はそのまま(奥のやつね)

RIMG4622.jpg














後半部分の身は、骨付きのまま2センチほどの厚さにカット。
前半の身も2センチほどの厚さにカット。。

RIMG4624.jpg

で、この身をまたもや海水程度の塩水で、今度は1分~2分ほどボイル



すぐに上げて、氷水の中に投入~。。。







水から上げて水分をしっかり切ったら




RIMG4626.jpg



完成~。。。。





臭みがあるかな?って思い・・・・若干梅肉多めです(笑)

RIMG4629.jpg



でんでん臭みもなく  旨い!!

売ってるものよりも旨いかも。

初めて作ったにしては上出来では・・・??




クリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村












スポンサーサイト
ダッヂオーブンで
実は、先日の日曜日、燻製を作りをした日

ダッヂオーブンでも遊んでたのです。


ダッヂオーブンの上で炭をいこして、蓋も焼いて
鍋の中の具材を、上からも下からも熱を入れるんです。。


DSC01759.jpg



で、ついでに出来立てのベーコンを、蓋の上で焼いて、つまみ食い~。。
ススが付きますが、気にしな~い。





で、オーブンの中身は



DSC01762.jpg



皮も剥いてない、まんまそのままのジャガイモ。
皮を剥いただけの、何もしていないニンジン。
塩コショウしただけの、ただの鶏のモモ肉。
以上。



DSC01765.jpg



超早くて簡単で、超安く、超美味いですよ~。
天気の良い日に、景色の良い野外なんかでやると、最高ですよ。。









しかし、今回は

ダッヂオーブン使ってアウトドア料理??
家の倉庫みたいな所でやってるので、インドア料理?
倉庫は、玄関を出るので、やっぱ「OUT・DOOR」ですか??






↓ クリックのご協力をお願いいたします。


チキンレッグの炙り焼きを作ってみた
本日、釣りにも行かないし、ちょいと時間がありましたので

チキンレッグの炙り焼きを作ってみました。




まず、一斗缶(変換しにくい)で、コンロを作りました。
そこで焚き火をします。



DSC01484.jpg



シンナーの缶ですが、気にしな~い。。

チキンは反射熱を利用して、時間をかけてじっくり炙り焼きにするので
反射熱が採りやすいように、反射板を取り付けてみました。






で、反射板の前にチキンレッグをぶら下げます。
少し塩コショウしてますよ。




で、、、こんな感じ・・・・・・


DSC01489.jpg



で、写真に写ってる、スモーク用チップをたまに燃やして香り付けにします。




チキンの位置関係は


DSC01490.jpg


こんなに火から離れてます。
まさに、反射熱を利用しての、炙り焼きです。


で、チキンから滴り落ちる油をお皿で受けて
その油を、刷毛を利用して、チキンにぬりぬりします。



で、このまま永遠3時間、炙り続けます。
そうです、この料理の最大の調味料は、「時間」です。



今日はたまたまデーゲームで、野球の中継があったので(負けちゃったけどね~)
ラジオを聴きながら、ビールをチビチビ呑みながら
焚き火の番です。

ホントはブランデーでも飲みながら・・・・・かっこいいですけどね~。











3時間後・・・・・・・・




DSC01493.jpg


チョット焦げちゃった・・・・・



DSC01495.jpg


なんだか干からびてしまってる感じですが・・・・

これがまた、マイウーです。

普通に網で焼いてもこうはならないですよ。


で、さらに1時間ほど陰乾しして、完成・・・・




ビール呑みながら焼いたら、何度かぶりつきそうになったことか。










↓ クリックのご協力をお願いいたします。





「めかぶ」美味い
本日釣果??か??

釣りに行ってませんので、ビールのお供に
ワカメの「メカブ」を採りに行って来ました。



DSC01142.jpg


ワカメの根っこの方の部分です。
ワカメが生長しきって、やっとメカブが大きくなるのですが
まだ、小さいメカブしかありませんでした。


で、分解~。。

DSC01144.jpg


この、ビロビロの部分がメカブです。

茎の部分も佃煮にしたら美味しいですが
前回記事でワカメの茎の佃煮もどき作りました)
めんどくさいので、今回はやめます。


で、このビロビロ部分を熱湯に油通しします。
ほんの一瞬でOK


で、カラフルな緑色に変身~


DSC01145.jpg


で、こいつをバシバシに刻みます。
ホントは千切りにすれば良いのでしょうが、めんどくさいので・・・・・


DSC01146.jpg


包丁で適当に刻んだだけ~・・・・。。


こんなに粘りが出ました。


DSC01147.jpg



後はポンズぶっ掛けて喰らうだけ。

美味い!!!




ついでにガンガラもゲット。



DSC01155.jpg


こいつも美味い!!!










↓ クリックのご協力をお願いいたします。





ワカメの茎を炊いてみた
ご近所さんに、ワカメの茎を頂きました。
その方も、友人(漁師)に頂いたそうです。
毎年この時期になると持って来てくれます。

これは想像ですが、漁師さんが仕事で乾燥ワカメを作る時に
要らない茎を持ってきてくれるのでは??って思ってます。










DSC01040.jpg


大量です。





このワカメ、沖の生育の良い場所で育ててるんでしょうね。
波止際に生えてるワカメちゃん、今はこんなに育ってないです。








そのままでは太いので、少し細く短くカットします。



DSC01041.jpg


これぐらいですよ。








で、2時間ほど炊き込むので、
ガス代がもったいないのでストーブの上で炊き込みです。

乾燥の出汁昆布も一緒にぶち込んで炊き込みます。
出汁がでて旨くなるし、昆布自体も美味しくいただけます。


ちなみに、うちは田舎で、プロパンガスなんです。
都市ガスに比べて圧倒的に高いんです。


DSC01042.jpg


こんなストーブも、冬の大災害の時に停電になると役立つよ~。。
長時間の炊き込みする時もね。






で、約2時間炊き込みました。



DSC01046.jpg



ワカメの茎も旨そう~、昆布も旨そう~・・・。
ご飯何杯でもいけそうです。



日本酒にもぴったり・・・。

呑めない日本酒呑んだので、頭クラクラですわ・。





↓ クリックのご協力をお願いいたします。





copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ