大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
燻製機を作ってみた。その2
はい、昨日の続きです。

この記事を始めて読む方は、まず初めに昨日の記事を読んでから
今回の記事をお読みください。



今回使う工具類です。

今回も出来るだけ家庭にある工具で済ませます。

金槌
のこぎり
ペンチ
ドライバー
ハリガネ
木の角材
クギ


DSC01676.jpg



ハリガネはダイソーで売ってるやつで十分です。
アルミよりも鉄のほうが良いかも。
ハリガネにビニールが被ってるタイプはやめたほうが良いかも。。

のこぎりもペンチもドライバーもダイソー産で十分です。





今日は使いませんが、燻製に必要な部品をダイソーで昨日買ってきました。
左上のボールは20センチで、比較的浅く作られてる物
焼き網は、24センチ。
左下のトレーは、ステンレス製で。アルミはあんまり良くないかも。
以上、厳守でお願いします。




DSC01653.jpg



焼き網はドーム型を買ってしまいましたが、平型の方が良いかも・・・・・。
写真では焼き網は1枚ですが、2枚あったほうが便利です。
















で、、昨日の続きです。


まず初めに、小窓を付けていきます。

↑の写真で写ってる、蝶番を使います。



↓こんな感じに付く予定です。



DSC01669.jpg


板を折り返して、2重になってる所に穴をぶち開けて
ねじ止めします。
2重のところに止めるので、強度アップです。




初めに、蓋のほうに蝶番を付けます。

木材の上に蓋を置いて、クギを使って穴を開けます。



DSC01671.jpg



この穴にねじを突っ込むのですが、クギ穴が小さくてねじが入らない時は
クギを奥まで突っ込んで、手でクギを持って、グニグニと穴を広げます。




で、ネジで蝶番を取り付けなんですが
蝶番に初めから付いてるネジは、木ネジなんです。
はっきり言って、今回は使い物になりません。

なので、別口でネジを用意しました。




DSC01670.jpg




これも、ホームセンターで簡単に手に入ると思います。
蝶番の穴に入るネジを買って来るんですよ。
そして、皿ビスを買ってくるんですよ。
間違わないようにね。






取り付けたら、こんな感じです。


DSC01673.jpg


うひょ~。。。
めっさへたくそやん。
激曲がり!!!


DSC01674.jpg



蝶番って果実に真っ直ぐ付けないと、スムーズな開閉が出来なくなってしまいます。
2個の蝶番を確実に一直線にしないと駄目ですよ。
今回は失敗作です。
開閉が硬くなると思います。









で、本体のこの辺に取り付けるのですが


本体のこの辺に穴を開けたいのですが



DSC01675.jpg



窓を開けてしまって、本体の壁面の強度が落ちてるので
こんな所にそのままクギを金槌でぶち込もうとしても
壁面がへこむばっかりで、穴は開いてくれないでしょう。




そこで、一時的に壁面の強度を上げるために
角材を



DSC01678.jpg


ここにピタッとはまり込む長さにカットして




DSC01679.jpg



蝶番の取り付け穴を開けたい場所に置きます。
こうすると、この辺りはクギと金槌でバンバンシバイても
壁面がへこむ事無く、ちゃんと穴が開いてくれるでしょう。



DSC01680.jpg









はい、無事取り付け完了~。。。


DSC01681.jpg




横から見ると


DSC01682.jpg



わお~。。。
隙間だらけですね。。。
蓋をギュッと押せば閉まりますので・・・ま、何とかなるでしょう。

著番がちゃんと真っ直ぐ付いてないせいだと思われます。





蝶番が真っ直ぐ付いてないせいで、蓋の開閉も少し硬いです。
その代わり、開閉が硬いので



ほらっ


DSC01684.jpg


蓋を開けた状態でも、閉まってきません。
怪我の功名???
チップの出し入れがやりやすいです。










それでは、次の作業に行きます。



缶の横面に開けた穴に、ハリガネを通していきます。




前面はこんな感じ

DSC01685.jpg



裏面でとりあえず、ハリガネを括ります。

DSC01686.jpg




↓ こんな感じ


DSC01688.jpg




で、違うほうの面もハリガネを通して


↓ こんな感じ

DSC01690.jpg






上の段の穴にもハリガネを通して


↓ こんな感じ


DSC01691.jpg




これで、本体の加工は終了です。





DSC01695.jpg


お疲れ様でした。



後は蓋ですよね。
蓋をなんとかしなければ。。


鉄板を曲げて作ったら、早いし楽やし強度もあるし熱にも強いし・・・
でも、一般的ではないので、今回はあえて、誰にでも簡単に出来る方法を考えて見ます。




では、また次回







↓ クリックのご協力をお願いいたします。


燻製機を作ってみた
燻製機を作ってみましたので
作り方?っぽいのを書いてみました。
文章がへたくそなので、作り方解らんって方はお気軽にご質問ください。
文章が下手なので、写真を多く取り入れてみました。


とても長編になりますので、何作かに分けます。






作るにあたって、出来るだけ一般家庭にある材料
素人でも簡単に、安く手に入る材料と道具で作りました。
今回は「ダイソー」ですべての材料をそろえれると思います。
(カセットコンロと一斗缶は別で)

電動工具、溶接、ガス切断・・・プロっぽい事はしません。





まず初めに、いつもの一斗缶です。
シンナーの缶ですが、気にしな~い。
後でよく洗います。



DSC01614.jpg


とりあえず、マジックで穴を開ける予定の場所に印を付けてます。




で、これが今回使う道具です。


DSC01667.jpg


木の角材
古くなって要らなくなった包丁(ダイソー産)
古くなって要らなくなったキッチンハサミ(ダイソー産)
金槌と釘

以上です。たったこれだけです。
これならどこの家庭でもあるでしょ?
買っても格安でそろうはず。。

あ、包丁とハサミは再起不能になりますので
必ず要らないものを使ってくださいね。(100均産なら惜しくないか?)






まず、穴あけです。

DSC01616.jpg


こうやって、釘と金槌で穴が開きます。
コツをつかめないと、缶がへこんでしまうかも知れませんが
とにかく、一気に開けるです。
躊躇して軽くたたくと、穴が開かずに缶がへこむだけです。

マジックで印を付けたラインに、左右2箇所
上下のラインに穴を開けるので、1面で4箇所穴を開けてください。
写真では、「塗料用シンナー」って書いてある上にも穴が開いてますが
この穴は、温度計を突っ込む用の穴です。1穴だけ開けといて下さい。

それと、後で缶の上の面を切り取るんですが
上の面がなくなると、非常に穴あけがやりにくくなるので
今のうちに穴あけは済ませておいてくだされ。。。









お次は、上の面を切り取っちゃいましょう。
何の道具も無いのに、どうやって切り取るか???





DSC01617.jpg


こんな感じ・・・・。
なんとも豪快でしょ。

で、1発包丁で切れ込みを入れたら、そこから金槌でバシバシと包丁をしばいて



DSC01618.jpg



見た目では、ほんまかいな~・・・って思うかも知れませんが
やってみると、意外と簡単。


普通の缶切りでも出来るかも知れませんが、後々の為に
この技はマスターしておいてくだされ。






で、切り口がトゲトゲして危ないので
トゲトゲ部分を危なくないように、バシバシしばいておきます。





DSC01620.jpg














次は、小窓用の蓋作りです。




先ほど切り取った、上面を適当な大きさに、整形&カット




DSC01621.jpg



こんな感じで、キッチンバサミでサクサク切れます。
   (危ないので軍手をしましょう。)





角を落として



DSC01622.jpg



角材の上で、整形します。



DSC01623.jpg




4辺とも曲げると、こんな感じ



DSC01625.jpg



DSC01624.jpg



角がとがって、ちょっと危ないので

キッチンバサミでカットしちゃいました。


DSC01626.jpg




これで、とりあえずは、小窓用の蓋、完成です。





で、この蓋は、ここに取り付ける予定です。




DSC01629.jpg



缶の一番下です。
燻製用のチップを出し入れする用の小窓をここに作ります。

小窓の大きさを解りやすくするため、マジックで印を付けます。



で、小窓を開けるのですが





↓、外側のマジックが、蓋の大きさです。
当たり前ですけど、蓋より少し小さめに窓を開けないと、後で蓋が出来なくなりますよ。

DSC01630.jpg



つー事で、内側のマジックに沿って穴を開けていきます。
この穴は、缶切りでは絶対に開かない穴ですね。





こんな感じに、3辺をカットしてから、後はハサミで



DSC01631.jpg


少し大きめにカットして


DSC01632.jpg



折り返します。





で、裏側に木をあてて、折り返しをバシバシ叩きます。
木をあてないと、缶がへこむばっかりですよ。




DSC01633.jpg








とりあえず、今回はこれで終了~。。。






DSC01666.jpg



ある程度の形にはなってきました。


次回、こうご期待。。。。。。


長文、最後までお付き合いいただきありがとうございました。







↓ クリックのご協力をお願いいたします。


2馬力、アルミボート出動~。。。
本日は、紀北のこんな所↓でアルミボートを出して、


DSC01638.jpg



ケンケン殿と一緒にキス釣り・・・・・の予定でした。






しかし、現実は違いました。


本日1発目のヒットは

DSC01637.jpg


君か~。






さらに


DSC01639.jpg


また君か~。






はい、実は本日はキス釣りじゃありませんでした。
キビレ釣りでした。
たぶんケンケン殿も同じ意見では???






あ、唯一の(外道の?)釣果です。



DSC01642.jpg


写真撮る前に頭落としちゃった。。。

1匹程度、リリースしても良いんですが、、もっと釣れる予定でクーラーに入れてしまったので
ご臨終してまして・・・

美味しくいただきました。











くっそーーーー。ちょっと時期的に早かったか???
もうちょっとしたら、リベンジじゃーーーー!!!!

ケンケン殿、行きますよーーーー







↓ クリックのご協力をお願いいたいます。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村







copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ