大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
マニとワイヤー
今日は4ミニ記事です。

先日の続きで、キャブ改のマニとアクセル、チョークワイヤーです。

まず、マニから・・・。

キャブ本体はCD90用です。
キャブはPB16になります。
なので、マニはPC20用がそのまま適合します。

シャリー用にはキタコからPC20用が出ています。
そのままボルトオンで装着できますが、もともとでかいキャブ用
エアクリも、パワフィル前提でマニが作られていますので
そのまま装着してしまうと、キャブがメッチャ上向きになります。

ノーマルエアクリのゴムパイプよりメッチャキャブが上に来ます。
エンジンとキャブのクリアランスがメッチャ広いです。
もちろん、キャブのカバーも装着できなくなるかも・・・です。

そんなの何のためにキャブを短足化したか解りません。
なので、キャブが下に来るようにマニを加工します。

DSC03225.jpg

この写真で解るかな?
加工後の写真です。加工前の写真が無いのがつらいの~。

これでキャブがエンジンギリギリになって、ノーマルのエアクリも
装着できるし、キャブのカバーも装着できます。


問題はワイヤーです。

アクセルワイヤーは、シャリーノキャブは特殊なので
ノーマルアクセルワイヤーも特殊で、PB16には装着できません。

モンキー純正やカブ純正はそのまま装着可能ですが長さが全然足りません。
なので社外品でモンキー用の300ミリロングってのが売っていたので、それに決定。

最大の問題は、チョークワイヤーです。

チョークの遠隔操作が出来るのは、私の知る限り、カブ系機種ではカブとシャリーのみ。
カブのチョークシステムを移植しているので
カブ用のチョークワイヤーが装着できるはずですが、長さが足りませんでした。
社外品でカブ用の長いチョークワイヤーが売っていないかと思いましたが
改造する人はビッグキャブにしてしまって
チョークの遠隔操作なんてする人、いなくなるのでしょうね。
ロングチョークワイヤなんて売ってませんでした。


シャリー純正ワイヤーは長さがぴったりですが(当たり前か)
シャリー用のキャブは特殊なので、チョークワイヤーも特殊でした。

上がシャリー用、下がカブ用です。


DSC03231.jpg


仕方が無いのでワイヤーを加工することに・・・。

DSC03244.jpg

シャリー用のワイヤーの端っこをカット。


DSC03253.jpg

で、適当な鉄の棒を切って、中心に穴を開けて


DSC03255.jpg


ハンダでくっつけてみました。

初めてのことなので、ちゃんとくっついてるか心配で・・・
ま、チョークなので、最悪、走行中や遠征先で切れても、
帰って来るぐらいは大丈夫でしょう。って軽い気持ちでやってます。



でも、一応、強度の実験です。

シャリー用の要らなくなったワイヤーの中心を取り出して
半分に切ります。
一方はノーマルのまま、もう一方は先ほどと同じ加工をします。
そしてぶっとい鉄筋に、ワイヤーと同じ径の穴を開けて
ワイヤーを通します。



DSC03271.jpg




鉄筋を重い錘で固定して、ワイヤーにバネばかりを取り付け
クレーンで引き上げます。
はかりのメモリは100キロまであります。

DSC03272.jpg


クレーンで引き上げたところ
ノーマル、自作とも、余裕で100キロクリアーです。


ならば、ワイヤーが切れるまで引き上げてみましょう。
オモリの重さは、約1トンです。
どうなるでしょう。


DSC03285.jpg

上が自作、下の2本がノーマルです。
自作はハンダが外れてしまいました。
さすがはノーマル。チョボが外れる前にワイヤーが切れてしまいました。


しかし、自作品もなかなかのもの。
1トンのオモリも、多少ガタって音がしてゆれていました。
100キロは余裕でクリアーですので、チョークワイヤー程度には
十分耐えれるでしょう。

さすがにアクセルにはチョット怖い気もしますがね。









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ