大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
燻製機を作ってみた。その3
はい、昨日の続きです。

この記事を始めて読む方は、まず初めに一昨日の記事を読んでから
昨日の記事を読んで、今回の記事をお読みください。



今回は蓋の製作ですね。




今回使う工具類です。

今回も出来るだけ家庭にある工具で済ませます。

金槌
のこぎり
クギ(小さい物)

材料として
コンパネ(今回は9ミリの厚み)
角材



DSC01697.jpg



コンパネは家にあった物を使用しました。
無ければ、ホームセンター等で買ってね。
大型のホームセンターなら、カットのサービスもやってるので、家で切るより便利ですよ。


角材は近所のホームセンターで、190円だったと思う。
長さが長いので、ダイソーで買うより安いと思います。


こんな角材を買ってみた。

DSC01713.jpg







まず初めに、コンパネに、缶の大きさをマジックで書きます。


DSC01702.jpg




こんな感じ

DSC01703.jpg


このマジックの印通りに、コンパネを切っちゃうと
蓋にならないので、少し大きめに印を書きなおします。



DSC01704.jpg






外側の印通りに、コンパンネをカットしました。



DSC01705.jpg






はい、、、これで蓋の完成です~。。。


DSC01706.jpg



って、え~・・・・

いくらなんでもシンプルすぎるやろ。

ま、このままでも十分事足りてますが、もうちょっとね・・・






で、、、

コンパネむき出しでは、コンパネの匂いが肉に移ったり
又は、コンパネに燻製の煙が染み込んだりしたら嫌なので
コンパネに、アルミテープを貼り付けました。



こんな台所用アルミテープ(もちろんダイソー産)


DSC01707.jpg





蓋の裏側に、ペタペタと貼っていきます。


DSC01708.jpg





表側はこんな感じ


DSC01710.jpg



このままで完成でも良いんですが
一応、もうちょっと蓋っぽくするために




先ほどの角材を、蓋のサイズに合わせてカット。。

DSC01711.jpg




この角材を、蓋の裏側にクギで取り付けます。


DSC01712.jpg




裏側は、こんな事になってます。

さらに、角材を2本用意して、すでに取り付いてる角材の間に取り付けます。




DSC01714.jpg






取り付けたら、こうなります。。。





DSC01716.jpg



一応これで完成なんですが、まだ角材が余ってたので
表側にも、取っ手代わりに、角材を取り付けました。





DSC01717.jpg





よし、でけた。。。


DSC01719.jpg



なんか、蓋だけがやたら大きくて、頭でっかちでかっこ悪くなっちゃいましたが、
一応使えるはずですので

ま~、これで勘弁してください。






実は、豚バラブロックの塩漬け準備、着々と同時進行で進んでおります。

今週末は、今回作った燻製機を使って、アホの一つ覚えのベーコンをまた作ります。

今回は、自作燻製機の使い方の解説もしつつ、
簡単な、ベーコン製作記でも書いてみたいと思います。







へたな長文、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。






↓ クリックのご協力をお願いいたします。


スポンサーサイト
コメント
コメント
一斗缶やから、ちゃちい作りかと思いきや、
簡単かつ立派な燻製機ですやん。

どっかに一斗缶転がってると思うので
探し出して作ってみます。

燻製おいしいもんね。
2011/05/26(木) 23:19:32 | URL | タフィ #xl3yL0pg [ 編集 ]
タフィ殿
毎度です。

頑張って作って、ブログでうpして下さいな。

燻製も作ってうpしてくださいね。

2011/05/27(金) 22:33:04 | URL | かじやん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ