大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
カブラの頭を作ってみた(鉛流し込み)
今回は、前回記事で作りました
カブラの頭を作る用の型に鉛を流し込みました。

前回の記事でも申しましたが、
型は、60g(製作途中)と40g(完成)です。

でも、私のタイラバメインフィールドでは、40gでは軽すぎるので。
では、何故40gバージョンの型を製作したか???


実は、壮大な実験を計画しているからなんです。


私のメインフィールドの実績タイラバは
1位、、黒帯チェリー(廃盤なので買えません)
2位、、ビンビン玉(高すぎて俺の小遣いじゃ買えません)
なんです。
チェリーはアクションが良いのだと思います。
ビンビン玉は、ヘッドの小ささが良いのだと思います。


なので、チェリー40gのヘッドの大きさで
重さが60gあれば、最高のカブラが出来上がる・・・って訳です。


ですが、ビンビン玉は材質が「タングステン」(タングステンは鉛より重いです)
そんなもの、個人で加工できるわけもありません。
鉛の融点が、約300度。タングステンが約1500度??だったかな
型が持たない。ステンレスのアイも持たない。
熱に負けます。
そもそも、どうやって溶かすの??
個人では無理。




でも、、
良いアイデアが浮かんだのです。




「ビンビンチェリー計画」始動です!!!


まず、用意するものは


DSC02111.jpg



ブラックバスの釣りに使う
タングステンのシンカーです。
1個で28g。2個入りで620円。
ま、ギリギリ許せる金額です。


このタングステンシンカーを、カブラの中に埋め込むのです。
鉛よりも比重が重いタングステン。
予定では、チェリーの40gの大きさで60gに成るはず・・・・・・・


で、
型に鉛を流し込む前に、
「アイ」「ライン通す穴用のピン」「タングステンシンカー」
を入れておきます。。



DSC02123.jpg


シンカーの大きさが、チェリーの大きさに対して、結構ギリギリでしょ。
これぐらいギリでないと、効果は期待できないよね。

アイもメッチャ小さく作ってるけど、これで理由が解ったでしょ。
曲げるの苦労したわ。


で、鉛を流し込みます。

DSC02093.jpg



で、固まったら、型を割ります。

メッチャ緊張しますね。
上手く出来てるでしょうか???


DSC02125.jpg



あれ???

ガーン。全然やん。
多分タングステンに鉛の熱が奪われて、鉛が隅々まで行き渡る前に固まってしまうのでしょう。


DSC02098.jpg


DSC02100.jpg


こんな感じで、結構穴だらけです。

溶かして何度もやり直したんですけど、、、上手くいきません。



仕方が無いので、今回は


ハンダを盛って修正しました。


DSC02101.jpg


後はハンダをヤスリで仕上げて、形を整えます。




で、、、

最終形の出来上がりがこちら。。


DSC02109.jpg


手前から
本物、チェリー40g
偽物、チェリー純鉛
奥の2個が
偽物、ビンビンチェリー、タングステンシンカー入り

奥の2個はハンダで修正したので、目玉が無くなってしまったわ。
ま、別に良いけどね。。。








で、一番肝心な、重さは??





ノーマルチェリー。40g


DSC02104.jpg


おーー、さすがやね。
きっちり40gやがな。
ってか、パッケージの表示の40gって、ヘッドだけの重さやったのね。
知らんかったわ~。。





で、次は
偽物チェリー。純鉛


DSC02106.jpg


お~~
なかなかのもんやね。
穴を開ける所の周辺を少し太らせたので、少し重くなってますね。





で、期待の
ビンビンチェリー


DSC02107.jpg


おおお~
結構え~感じちゃうの。

60gには少し足らなかったが、ヘッドが小さくなった分
チェリーノーマル60gより、水の抵抗が少なくなって、
チェリー60gと同じぐらいの性能、条件でビンビンチェリー55g、活躍してくれるんちゃうの??








塗装は下手くそなので、うpするのは省きます。
一応エアーブラシで吹く予定ですが・・・・・
超下手くそです。恥ずかしくてお見せできませんわ。




次はこのビンビンチェリーをくわえた、大鯛の写真でも載せれる様に頑張りますわ・・・・










↓ クリックのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ