大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
太刀魚について語ってみる②
第2弾です。
前回の記事を読んでない人は、まず初めに、
前回記事を読んでから今回の記事を読んでください。


今回は、タチジギ時の、太刀魚の「スレ掛り」について語ってみたいと思います。
今回も、おいらの勝手な考えが多分に含まれております事をご了承下さい。
今回の記事は、スレ掛りで太刀魚を釣ってやろう・・・って事です。
スレなんて邪道だ!!スレなんて狙えるか!たまたまやろ!って人は読まないで下さいね。





ちょっと話は横道にそれて・・・
スレで釣る魚の代表って、鮎の友釣りと思いませんか?
鮎釣りの経験が無いので、あまり詳しいことは言えませんが・・・・
よーするに、おとり鮎に針をチャラチャラ付けて、野鮎の側まで泳いで行かす。
縄張りを荒らされた野鮎が、怒り狂っておとり鮎に、アターック!!
ってな感じでですよね?(間違ってたらご指摘下さい)
僕の知ってる中で、もう一つ代表的なのが
バス釣りのスポーニングパターンですね。
バス釣りなので、勿論ルアーです。
鮎の場合は、仲間に対して縄張り争いですが
バスの場合は自分の卵を守る為なので、仲間であろうと小魚であろうと
自分の領土に入ってきたものは「ボディーアターック」又は「噛み付いてやる」ですね。
噛み付くところが鮎とは違いますね。

以上のことを踏まえて・・・・・・・




IMGP1011.jpg







太刀魚ジギングで太刀魚をスレ掛りで釣ってみましょう。

 ○そもそも、何でスレ掛りで釣りたいの???
   それはね、やっぱりぎょうさん釣りたいからやね。
   自分の経験では、口に掛かるのとスレ掛り、半々ぐらいか?
   ひどい時はスレの方が多いぐらいか?
   口に掛けることだけ考えて釣ってると、人の半分しか釣れない事になりますね。
    「そんな事あるかえ、口掛りが多いわえ」ってあなた、
     スレ掛りで釣れる太刀魚、かなりの数を逃してますよ。





   僕も始めは口に掛ける事ばっかり考えてました。
   初めて太刀魚専門の乗合船に乗ったのが、三重県でした。
   そこの船長さんに
   「ジグにチャラチャラと針をいっぱい付けても、口を使ってくれない」
   「出来るだけシンプルにしろ!!」
   って言われたので、素直なおいらはそれを守ってました。
     (写真右側のリグです。)
   当たり前ですが、このリグ方法だと、ほとんどスレ掛りは期待できません。

   で、、このリグのまま、四国の太刀魚乗合船に乗りに行ったんです。
   初めての船。それも一人で。
   それはそれは、ものすごーいカルチャーショックでした。
   周りの皆さん、ガンガン釣る釣る。釣れまくり。
   しかも、ほとんどがスレ掛り。
   お腹に針が掛かって、太刀魚が半分に折れてあがってくるなんて、しょっちゅう。
   当然、シンプルリグのおいらは、皆が5匹釣る間に1匹釣れれば良い方で、、、
   メチャクチャ悔しかったのを覚えています。 
    (プレジャーばっかり乗ってるとこんな経験しないですよね。たまには乗り合いも良いですよ~)
   それ以来、チャライリグ(左側)ばかり使っています。
   格段にスレ掛りが増えました。勿論、ちゃんと喰ってくるのも多数ありますよ。
   当然、全体的な数も増えました。当たり前ですね。簡単な足し算です。


 
 ○ではでは、何でスレ掛りになるのでしょうか?
   ここからは完全に僕個人の勝手な考えです。

   ①上のほうで書いた、鮎やバスのような縄張り争いの体当たり?かな??
    ガツンってボディーアタックを喰らっても縄張りから逃げない場合は
    何度も何度もアタックしてくるんでしょうか?
    さらに逃げない場合は噛み付いて来るのでしょうか?
    こんな場合は、ジグは「ポーズ」ですね。
    縄張り争いは、仲間内だけ?それとも、他魚でも?
    ジギング経験上は、イワシカラーのジグでもスレ掛りしてくるので、仲間、他魚、関係ないでしょうな。

   ②もう一つは、喰いたい魚が目の前に居る。
    (ベイトでも、仲間の尻尾でも)
    そいつらにいきなり噛み付かず、先ずはボディーアターックでビビらせてから、じっくり喰らう。
    (カジキなんかだと、角でベイトをシバイてからじっくり喰らうらしいですよ)
   
   ③ただ単に喰うのがドンくさいので、
     ジグを餌と間違う→喰う為にジグに突進する→上手く喰えずに、スカ!
     体にジグが当たる→電撃フッキング!→キャー、引っかかったー・・・・




さて、①②③どれでしょうか???


ま、どれでも良いんですけどね。釣れりゃーね。





何れにせよ、ボディーアターック・・なので
超ショートバイトになることが大半です。
常に神経を集中させて、電撃フッキングを心がけましょう~。
それと、フックはシャープにね。。
スレ掛りなので、比較的ジグは取られ難いが、横に泳ぐので
隣の人のラインを噛み切る場合あり。(口はフリーなのでね)
スレで釣れる魚に大小は関係なしと思われる。







   以上です。長文読んでくださってありがとうございます。



ご意見お待ちしております。
お互いの技術向上のため、意見を交わしましょう~。。。








↓ クリックのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
コメント
うーん。また難題ですねぇ。
僕が思うに太刀魚もシーバス程じゃないにしろ、結構慎重なんじゃないかと。
今年始めたばかりで偉そうなことは言えませんが・・・
オフショアでの太刀魚の経験はありませんが、ワインドをしている時、横のきびなごで釣っているのを見ていると、触ってもなかなか食いつかない、なんてことばかり。話を聞くと錘が重いと違和感で食わないとのこと。ノーシンカーなら食うといったことも多いと教えてもらいました。
ワインドに食ってくるのもマヅメだけですし。
食いがたっている時間は、比較的短いんじゃないでしょうか。
それ以外は見に来るけど食わないみたいなことが多いのでは???
スレと口の時間的な関係、またスレと口で尾のあるなしなんかも見てきていただけると、なんか面白いかもと思います。
実際のところどうなんでしょうね。
また情報お待ちしてます。
2012/01/21(土) 09:42:25 | URL | 釣り好き獣医 #8Qe318h. [ 編集 ]
釣り好き獣医殿
ご意見ありがとうございます。
問題は、釣れる釣れないであって、喰う喰わないは問題ないです。
鉛が重いと違和感で・・・っつー事は一瞬でも餌に触ってるって事ですよね。
その、触りに来るだけのやつを、電撃フッキングでスレ掛りで掛けて釣り上げましょう~。
(これが今回のテーマでございます)
触りに来る?どうやって?口で軽く噛む?それとも、ボディータッチ???

喰う時間帯以外でいかに釣るか。
最大のテーマでございます。
闘争本能をかき立てるもよし。
リアクションで食わせるもよし。
縄張り争いで噛み付かせる、体当たりさせるもよし。

喰う時間帯は誰でも釣れます。
喰わない時間帯で釣ってこそ値打ちがあるってもんです。
当然人より釣れます。

お互い頑張って、その域に到達したいもんですな~。。。
2012/01/21(土) 10:24:15 | URL | かじやん #- [ 編集 ]
タチジギの経験ないのでスレを意識したことありませんが、よく聞くように食うのが下手なんやと思ってます。

どんな理由かわかりませんが、ようはタッチーはスレ対策が重要やと言うことですね!

陸っぱりでは、特にショートバイトが続く時に、スレ意識したルアーやアクションについて、来シーズンはもっと考えてみますね・・・むっちゃまじめコメントすぎて、ちょっと恥ずかしく感じてるのは自分だけ?(ノω`*)
2012/01/21(土) 19:51:04 | URL | タコドン #sSHoJftA [ 編集 ]
タコドン殿
何をおっしゃいますやら。。。
こんな真面目なブログなのに。。。
僕なんて、真面目が服着て釣りしてるようなもんですよ~(大嘘)

ワインド、スレ掛り専用チャラチャラリグ、研究してくださいな。
それと、来シーズンは僕の船で是非タチジギ経験してください。
遠征すりゃ、まだまだシーズン真っ最中ですけど、、、タコドンさんも行きますか??
2012/01/21(土) 22:17:05 | URL | かじやん #- [ 編集 ]
ほんとにスレでもなんでもいっぱい釣りたいものです。
太刀ジギめっちゃうらやましいですね。やっぱりマイボート最高にうらやましいですよ!!
2012/01/23(月) 11:11:57 | URL | 釣り好き獣医 #8Qe318h. [ 編集 ]
釣り好き獣医殿
タチジギでほんとに釣りたきゃ
間違いなく、乗り合いに乗った方が良いです。
大阪湾の船ではなく、中紀、三重、松山、、ぐらいが良いですね。

僕みたいに、貧乏人がマイボートを持つと
出航する予算がつらい・・・・。
2012/01/23(月) 13:01:36 | URL | かじやん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ