大阪泉南の釣り。ショアもオフショアも
当初は釣りブログの予定でしたが、何だかんだ・・・・・ただの日記になりつつあります。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
シャリースイングアーム製作。その1
またまた、MYシャリーのスイングアームを製作したいと思います。

いつものようにエイプのスイングアームとシャリーのスイングアームの2個1します。

いつもならリアハブやホイール一式もエイプ用を使うのですが
今回はシャリーのハブやホイールで作りたいと思います。

まずエイプのスイングアームを

DSC09155.jpg

ぶった切ります。

エイプはモノサスですがシャリーは2本サス?って言うのかな?
とにかくモノサスじゃないので、エイプのサス取り付け部やチェーンカバー取り付け部も外します。


DSC09156.jpg


それから、ある程度綺麗に磨きます。

DSC09157.jpg


切った部分が穴が開いてるので

DSC09158.jpg

鉄板で塞ぎます。

DSC09162.jpg

こうする事で補強にもなるし、次のシャリースイングアームを取り付けしやすくなります。




次に、シャリーのスイングアームを

DSC09163.jpg


ぶった切ります。


DSC09167.jpg

車両本体に取り付けする部分とショックを取り付ける部分をぶった切って
綺麗に磨きます。


DSC09177.jpg


先ほどのエイプ用スイングアームと溶接します。

何度もエイプとシャリーのスイングアーム合体作業をやってるので
なれたもんです。
普通は車両のセンターとホイールセンター合わせたり
チェーンラインを合わせたり・・・色々測りながら作業を進めていくのですが

この溶接用のジグにはめ込んで溶接すれば、一発で決まるように作ってあります。

大体5~20センチロングまで対応可能なようになってます。
便利でしょ。


DSC09178.jpg


溶接なんて簡単簡単・・サクサク出来ます。

そして、塗装です。
塗装ははっきり言ってへたくそですわ。

まず、プライマーです。

DSC09180.jpg

こいつをガンで吹き付けます。
一応2液性で強固に密着すると思います。

DSC09181.jpg


吹き上がりがこれ。

今日は天気が悪いのでここまで。
本塗りはまた今度です。



4速化
この時点での仕様は

エンジン   カブ70純正そのまま
キャブ    CD90用 改
マフラー   自作

といった所です。

エンジン本体はほぼノーマルです。
耐久性やメンテナンス性を重視しているので
ノーマルのまま少し乗りましたが、やっぱり不満が出てきます。



不満その①

カブ70のミッションは3速ミッションです。
それを4速にしようと考えました。

メンテナンスや耐久性は確保すること。
出来るだけコストを抑えること。
条件はこの2点です。
この条件をクリアーするとなると、やはり、ノーマルパーツ流用改が
一番適しているでしょう。


そこで、誰でも思いつくのが、リトルカブ用の4速ミッションを
流用することです。

基本的には出来ますが、ちょっとした小技が必要になってきます。

それには、クランクケースの種類を詳しく知らなければなりません。

カブ、リトルカブ、モンキー、シャリー、ジャズ、その他
ホンダ横置き系の4ストエンジンはほぼ同じと思っても大丈夫です。
セルの有る無しでも中身はほぼ同じ。
CD系は多少違う。郵便カブ系は別。
ただ、ミッション部分となると話は別です。

カブ50系
カブ70,90系(タイカブ100)
モンキー、ゴリラ、ジャズ、等

この3種類に分かれます。

で、今載ってるエンジンは、カブ70。
カブ50系とは適合しません。
なので、リトル用4速は入りません。
しかし、タイカブ100は4速が存在します。
その4速ミッションならバッチリ入ります。

しかし、そんなミッション、中古で安く手に入るわけありません。
ヤフオクでたまにタイカブ100の中古エンジンが
出品されていますが、高すぎて買えません。
って言うか、100のエンジンそのまま乗せろって話です。
(セル付きなのでシャリーには載りませんが・・・。)


困った。。。じゃ、どうするか?
色々調べていくうちに、
リトル4速とタイカブ100の4速の違いは
4速ギヤ1枚だけ。1~3速とシャフトやドラム等は
まったく同じだったので。
しかも、同じってことは、100ccで使用しても耐久性は問題ないってことでしょ。
タイカブ100の4速ギヤも新品で2000円程度で買える事を発見。

じゃ、リトル4速のジャンクエンジンをヤフオクで買って分解して
4速ギヤだけ新品でタイカブ100用を買って
組み合わせて、自分のカブ70に組み込んで、
カブ70から取り出した3速をリトルエンジンに装着して
ついでにオーバーホールでもして、オークションで叩き売ったら
出費はかなり抑えれるのでは・・・・

って考えました。

ただ、ネックは、カブって実用車ですよね。
なので、荷物を積んだときの登坂能力とか燃費とかを重視して
ミッションを作ってる感じです。
なので、1速が低すぎ、4速がオーバードライブ的に離れすぎです。

どうしようかな~。
って考えてたら、またまたスーパーな情報が・・・。

なんと、モンキー系のケースとシャリーのケースがまったく同じですって。
ってことは、シャリーのケースにモンキーミッションが入るって事です。

しかも、知り合いでモンキーミッション純正4速を譲ってくれる方が現れて
一気に、シャリーケース、モンキー4速案が加速し始めました。

しかし、せっかく排気量を70にしてパワーアップ出来たのに・・・
もとの50ccに戻るのは嫌です。
なのでシャリーケースで排気量70にしなければなりません。






最終結論。

クランクケース    シャリー
ミッション      モンキー4速
コンロッド      カブ70
ピストン       カブ70
シリンダー      カブ70
ヘッド周り一式    カブ70
クラッチ  等々色々 カブ70

要するに、ケースとミッション以外はすべてカブ70用を
シャリーケースに組み込むって事です。




DSC07164.jpg





その時の作業写真です。
あんまり意味の無い写真ですけど・・・。
シャリーケースをバラバラにしている写真です。
ミッションはまだ3速が入っていますね。


次回は作業内容についてです。





キャブ編最終回
前回でキャブの加工は終わりました。

積載時の写真です。
なかなか苦労した甲斐あって、綺麗に収まってるでしょ。

DSC03228.jpg

マニの長さがチョットみじかかって
ノーマルエアクリにキャブが届かなかったので
インシュレーターを入れて無理やりノーマルエアクリ付けてます。

アタマの飛び出しも最小限に収まってるでしょ。

DSC03229.jpg

これなら余裕でATシャリー用のキャブのカバーが取り付きます。
がしかし!!ATシャリー用のキャブのカバーが見つからないではないか。

仕方が無いので、某オークションで、海外製のレプリカ物を購入。

で、カブ70エンジンで、このキャブでセッテイングを出します。

って言ってもほとんどすること無いです。

だって、ほぼノーマルですもの。

このキャブって、基本PB16です。
カブ70のノーマルキャブもPB16のコック等の外観がカブ専用タイプです。
中身は同じ。じゃ、セッティングなんて必要ないじゃん。

ってことで、エンジンをかけて、一発アクセルをあおって見ます。

しかし、エアクリは50用なので、吸入口が小さいのか?
アクセルを開けた瞬間、エアクリとキャブの中間のゴムホースが
ペッタンコにつぶれます。
そこで、エアクリの吸入口を大きく加工しました。

これで、バッチリです。
ゴムホースのつぶれも無く、当たり前だけど、セッテイングもバッチリ。
エンジンのかかりも良く、アイドリングも低く安定。
燃費も良くて、もちろんガソリンはレギュラー。
夏でも冬でもセッテイングを変えることなく乗れる。
雨でも晴れでも同じ。

今は春ですが、このキャブでこの冬も何度か乗りましたが
冷え切った朝でも、キック2~3回で絶対にかかります。

パワー的には社外品には劣りますが
自分にとっては最高のBIGキャブになりました。

エンジンが一応、50→72ccになっていますので
そこそこは走るようになりました。


次は、4速化について語りたいと思います。
マニとワイヤー
今日は4ミニ記事です。

先日の続きで、キャブ改のマニとアクセル、チョークワイヤーです。

まず、マニから・・・。

キャブ本体はCD90用です。
キャブはPB16になります。
なので、マニはPC20用がそのまま適合します。

シャリー用にはキタコからPC20用が出ています。
そのままボルトオンで装着できますが、もともとでかいキャブ用
エアクリも、パワフィル前提でマニが作られていますので
そのまま装着してしまうと、キャブがメッチャ上向きになります。

ノーマルエアクリのゴムパイプよりメッチャキャブが上に来ます。
エンジンとキャブのクリアランスがメッチャ広いです。
もちろん、キャブのカバーも装着できなくなるかも・・・です。

そんなの何のためにキャブを短足化したか解りません。
なので、キャブが下に来るようにマニを加工します。

DSC03225.jpg

この写真で解るかな?
加工後の写真です。加工前の写真が無いのがつらいの~。

これでキャブがエンジンギリギリになって、ノーマルのエアクリも
装着できるし、キャブのカバーも装着できます。


問題はワイヤーです。

アクセルワイヤーは、シャリーノキャブは特殊なので
ノーマルアクセルワイヤーも特殊で、PB16には装着できません。

モンキー純正やカブ純正はそのまま装着可能ですが長さが全然足りません。
なので社外品でモンキー用の300ミリロングってのが売っていたので、それに決定。

最大の問題は、チョークワイヤーです。

チョークの遠隔操作が出来るのは、私の知る限り、カブ系機種ではカブとシャリーのみ。
カブのチョークシステムを移植しているので
カブ用のチョークワイヤーが装着できるはずですが、長さが足りませんでした。
社外品でカブ用の長いチョークワイヤーが売っていないかと思いましたが
改造する人はビッグキャブにしてしまって
チョークの遠隔操作なんてする人、いなくなるのでしょうね。
ロングチョークワイヤなんて売ってませんでした。


シャリー純正ワイヤーは長さがぴったりですが(当たり前か)
シャリー用のキャブは特殊なので、チョークワイヤーも特殊でした。

上がシャリー用、下がカブ用です。


DSC03231.jpg


仕方が無いのでワイヤーを加工することに・・・。

DSC03244.jpg

シャリー用のワイヤーの端っこをカット。


DSC03253.jpg

で、適当な鉄の棒を切って、中心に穴を開けて


DSC03255.jpg


ハンダでくっつけてみました。

初めてのことなので、ちゃんとくっついてるか心配で・・・
ま、チョークなので、最悪、走行中や遠征先で切れても、
帰って来るぐらいは大丈夫でしょう。って軽い気持ちでやってます。



でも、一応、強度の実験です。

シャリー用の要らなくなったワイヤーの中心を取り出して
半分に切ります。
一方はノーマルのまま、もう一方は先ほどと同じ加工をします。
そしてぶっとい鉄筋に、ワイヤーと同じ径の穴を開けて
ワイヤーを通します。



DSC03271.jpg




鉄筋を重い錘で固定して、ワイヤーにバネばかりを取り付け
クレーンで引き上げます。
はかりのメモリは100キロまであります。

DSC03272.jpg


クレーンで引き上げたところ
ノーマル、自作とも、余裕で100キロクリアーです。


ならば、ワイヤーが切れるまで引き上げてみましょう。
オモリの重さは、約1トンです。
どうなるでしょう。


DSC03285.jpg

上が自作、下の2本がノーマルです。
自作はハンダが外れてしまいました。
さすがはノーマル。チョボが外れる前にワイヤーが切れてしまいました。


しかし、自作品もなかなかのもの。
1トンのオモリも、多少ガタって音がしてゆれていました。
100キロは余裕でクリアーですので、チョークワイヤー程度には
十分耐えれるでしょう。

さすがにアクセルにはチョット怖い気もしますがね。









キャブ改造
こんばんは。

つり好きオヤジのブログの予定が・・・

本日もバイクブログですわ。。。


さて、私のシャリーちゃんのキャブ改造後編です。
今回は、前回で小型化されたCD90用キャブのチョークシステムを
ワイヤーで遠隔操作できるように改造します。

その為には、カブのキャブのチョーク部分をCD90キャブに移植します。

で、写真がこちら

DSC03202.jpg

左が小型化CD90キャブで、右がカブ用
カブ用はチョークシステムを使用するだけなので、ジャンクキャブです。


しかし、良く見ると、チョークの位置が正反対ですね。
大丈夫か???って思うでしょ。
簡単な加工をすれば大丈夫なんです。




DSC03204.jpg


キャブのこちら側

左のCD用と右のカブ用、形状はまったく同じですね。

ただ、CD用はもともと何も付いていなかったので
形状は同じですが、ねじ切りや穴あけ等の加工がされていませんでした。

赤い矢印は、本来ねじが入るところでM6のタップ加工が必要ですが未加工でした。
右のカブ用は加工済みです。あたりまえか。

黄色い矢印は、少しだけ穴は開いていたが、
キャブの内部まで貫通の穴が開いていないといけないので
穴開け加工をします。


DSC03206.jpg


ゴリゴリとタップ加工中です。



DSC03207.jpg


グリグリと穴あけ加工中です。
左右の穴が貫通しました。



ここまできたら、後は普通に組むだけです。

チョークの弁を止めているねじは、脱落防止で先端を潰していますので
組み込んだ後は潰しておいて下さい。



DSC03208.jpg



CD90用キャブの小型化でチョークの遠隔操作が出来るキャブの出来上がり。

ワイヤーを通す黒いゴムのようなパーツが少し出っ張っていたので
チョットだけモンキーで挟んで曲げちゃいました。
写真は曲げる前です。

じゃ、この後は、アクセルとチョークの各ワイヤーはどうする?
マニは??


今日は仕事が疲れたので寝ます。
おやすみなさい。


下のボタンをクリックすると爆発する恐れがあります。
ご注意ください。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ